スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OH・・・

COWON S9(16GB) アウトレット品


本体
S9_1

DENON AH-C700イヤフォン
S9_2

専用充電器・専用ケーブル(オプション)
S9_3

本体の箱
S9_4

オプションの箱(充電器・専用ケーブル)
S9_5


あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

『特別キャンペーンでポイント15%還元だったから、気がついたらポチっていた・・・』
な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
おれも何をされたのかわからなかった…
頭がどうにかなりそうだった…

催眠術だとか超スピードだとか
そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ

もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

と言うわけで、やってしまいましたCOWON S9(16GB)。イヤフォンは定価18,900円のDENON AH-C700です!!!(※過去のブログに書いていますが、これはリサイクルショップで新古品を1,500円で購入したものです。)
届いて梱包を開けるとすぐに、ファームウェアを最新のものにアップデート。そして、曲を放り込んで、充電開始。で、聞いてみると・・・素晴らしい!!!締りのある重低音・伸びのある高音。音の分解解像度も抜群!!!
これは最高だわ・・・。

ちなみに、前回のブログで触れたCOWON I_AUDIO7(4GB)はイヤフォンをTOPLANDのウッドイヤフォン(E1076)に変更しました。

COWON S9(16GB)も、デッドストックです(爆)。

しかーし、最大の誤算はこの後3万円臨時出費があったこと・・・資金繰りオワタ。

日常使用はアイリバープリズムとCOWON I_AUDIO7(4GB)でやっていこうと思っています。

では、2週間後位にでもまたお逢いしましょう。
スポンサーサイト

また増えた・・・www

さて、2012/2/17(前回)のブログでCOWON I_AUDIO7(8GB)を泣く泣くデッドストックからおろした事を書きましたが、なんと!またデッドストックに戻りました!!充電回数は2~3回で、これくらいだったらまだ使用した内に入りません。で、新入り2個。

1.COWON I_AUDIO7(4GB)

本体↓
I_AUDIO7(4GB)_1

純正ケーブル・純正イヤフォン
I_AUDIO7(4GB)_2

ユーティリティCD-ROMとオーディオテクニカATH-CKM55
I_AUDIO7(4GB)_3

ネットオークションで購入。どうせ高値更新されるだろうと思っていたら、落札出来てしまった1品。イヤフォンは程よくエージングを済ませたオーディオテクニカATH-CKM55を装着。で、これを日常使用に・・・とか思っていたら、思った以上にコンディションが良く(前オーナーにも充電回収が少ないのは確認済み)、後で紹介するiRiverプリズムに日常使用の座を譲り、これもデッドストック行きの様相を呈する(笑)。なんだかなぁ。ちなみに、同じような価格で8GBのものがオークションで出品されていたが、裏面のシリアルナンバーのシールが半分はがれている・傷が多い等相当酷使されていたものだったのでスルー。落札した物は、シリアルナンバーのシールの剥がれも無く、超微小傷があるのみで本当にコンディションは良かった。


2.clix2(2GB) ホワイト

本体↓
CLIX2(2GB)_1

箱と手持ちにあったiriver製純正ケーブル(色がホワイトなので、本来純正ケーブルは白)
CLIX2(2GB)_2

付いてきたUSBケーブルはなんとSONY製だった・・・
CLIX2(2GB)_3


なんとclix2はこれで6台目(爆)。かつ全容量番制覇。
内訳・・・2GB(ホワイト、程度並~美品)1台、4GB(ホワイト、程度並み)1台、4GB(ブラック、新古品)1台、8GB(直販ショップ限定版、ブラック×レッドライン、新品)3台(←※3台ともレザーケース装着)
今回手に入れた2GB版は、少なくても自分で3オーナー目。ちょっとだけ電源ボタンが怪しい。いずれにしろ、日常使用分は今回手に入れた2GB(ホワイト)と程度並みの4GB(ホワイト)充分。


ジャンクで買ったIRIVERプリズム(128MB)(※ただし、ブリスターパッケージは未開封だったので、事実上新品)
IRIVER プリズム_1

ブリスターパッケージ
IRIVER プリズム_2

付属品(本体カバー、アームバンド、特殊型USBケーブル、取扱説明書類、ユーティリティCD-ROM)
IRIVER プリズム_3

オーディオテクニカATH-CKM55
IRIVER プリズム_4

iRiverプリズム純正イヤフォン
IRIVER プリズム_5

かつてオークションでジャンク品扱いで買った品。ただ、ブリスターパッケージが未開封だったので、事実上の新品であった。届いた後、早速苦労してブリスターパッケージを開けて内容物を確認すると、長さ調節出来るネックストラップのプラスチック部分が割れていた。ネックストラップ位なら、いくらでも手持ちの在庫があるのでそちらを使用。当然、ファームウェアはUMS V.1.85にアップデート。この機種、MTPとUMSが排他仕様なのがちょっとネック。で、iRiverプリズムは直営ショップで購入した新品2台と合わせて3台だが、あえてジャンク品で買った方を引っ張り出してきた。iriverお得意のSRSは装備されておらず、代わりにXtremeが実装されている(※iRiverプリズムはフィリップス製CPUであり、同様に初期のiRiverのフィリップス製CPUを搭載した機種の音響効果は総じてXtremeである)。

さて、確かこれ音良かったよなぁなんて思いながら引っ張り出して、程よくエージングを済ませたオーディオテクニカのATH-CKM55を装着し、Xtremeのイコライザーをいじって聞いてみた所・・・化けた!!これは良い音だ!!!COWONのプロ御用達のBBEをはじめとする音響設定は、「原音に忠実に」を謳い文句にしているし、逆にiriverが多く採用しているSRS社のSRS WOW HDは「立体音響技術」が謳い文句だ。フィリップス製CPUを搭載したデジタルオーディオプレイヤーは旧いものばかりで、最近全く見ることは無い。Xtremeの設定は下手にレベルを上げると不自然な音になるので、注意しながら設定した。iRiverプリズムは単3乾電池使用であり、本体が壊れない限りバッテリーの劣化による故障は当然皆無。また、iRiverプリズムはIFP-180Tの改良品であり、本体の電池ブタの爪が金属製になっている(初期~中期にかけてのIFP-180Tは、本体の電池ブタがプラスチック製だったので欠けて破損し、電池ブタが閉まらなくなるという決定的な欠陥を抱えていた)。

結局、この様な経緯があって日常使用するデジタルオーディオプレイヤーはiRiverプリズムになってしまった。なお、メーカーでは連続再生20時間を謳っているが、自分が安物のアルカリ乾電池を使用しているのに加えて、音響効果のXtremeを使用しているせいもあってか、自分の環境では連続再生は10時間が限度である。なお、たまに気まぐれでCOWON I_AUDIO7(4GB)で聞いていたりする。場合によってはiRiverプリズムとCOWON I_AUDIO7(4GB)を交互に使用する事もあると思います。COWON I_AUDIO7(4GB)はバッテリーを劣化させたくは無いので、iRiverプリズムがやはりメインになるのかな?なんだか自分で書いてきて良く解らなくなって来ましたが、まぁ気分により両方使用すると言う事で。

では皆さん、また2週間後位にでもお逢いしましょう。

業務連絡

諸般の事情により、更新は来週になります。申し訳御座いません。

フリーエリア

プロフィール

分かつ対の魂(たま)

Author:分かつ対の魂(たま)
当ブログは「顔のない月」に『一生』ハマっております。



夢とは神と遊ぶなり

それ千代の籠めたる室となる

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
StarFirstWatch
3ET製StarWatch
Present's by サンエタ
FC2カウンター
フリーエリア
Getchu.com アダルトTOP
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
Getchu.com アダルトTOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。